ヨーロピアンパレス&伝統旅館 製作の記録。

デアゴスティーニのドールハウスキットの製作日記。モットーは「凝り過ぎず、妥協し過ぎず」完成させることが第一で時間をかけすぎることは禁止。こだわりすぎると完成しない気がしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝統旅館 5号

調理場の右壁/調理場の引き戸/つい立て

IMG_1181.jpg
台所の壁。
右下には裏口の扉がつきます。
外側の壁はベージュで中は白、と説明書にはあるのですが、私はどっちも白にしてますー。
見本の写真がどうしてもベージュには見えないのと個人的に白い方がイメージに合う・・・(そしてベージュ色作らないことで時間短縮になる;爆)

IMG_1195.jpg
で、その扉と左側の引き戸と踏み台を同時進行で製作。

IMG_1197.jpg
悩んだのですが裏口は壁の柱と同じ色合いで、左側の部屋に繋がる引き戸は薄い色合いで。
ちょっと薄すぎたかなぁ?と思うのでこれからちょっと色を重ねていく予定。

衝立は黒にしようかなーと思いつつ、同じ場所に置く椅子を黒にする予定なのでこげ茶にすることに。
IMG_1223.jpg
古ぼけた感じを出すためにわざと色ムラを出してみた。
割と上手くいったような。
シャビーペイント・・・っていうのかな??古びた感じを出すの苦手だ―;;厚塗りが好きなのでっ


・・・ここまで製作してきて、けっこうキットに忠実すぎるというか、オリジナリティがないなぁと思ってきてしまいました;;
けどあれこれ工夫しようとすると余計な時間とお金がかかるんだよなぁ・・・;
一年以内の完成、本気で目指しているので余計なことはしないでおくか・・・けどできればライトはつけたいんだよなぁ・・・;

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ
にほんブログ村←よろしければクリックをお願いします。




スポンサーサイト

« 伝統旅館 6号|Top|伝統旅館 4号 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。